診療時間:8:30 - 17:00 
休診日:火曜午後・日祝

診療受付時間
8:30 - 11:30
13:30 - 15:30
採用情報

子宮頸がん検診・子宮頸がんワクチン cervical-cancer-screening

子宮頸がん検診・子宮頸がんワクチン

初期の子宮頸がんはほとんど自覚症状がありませんので、症状が何もなくても、気軽に20代から定期検診を受けることをおすすめします。 定期的に検診を行って子宮頸がんを早期発見できれば、子宮を残すような手術を行うこともできますので、将来の妊娠、出産も十分に可能となります。
なお、不正出血のような症状がある場合や、少しでも気になる症状がある時は遠慮せず受診することをおすすめします。

子宮頸がんについて

お腹の前でハートを作る女性の写真

子宮頸がんとは

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV: Human Papilloma Virus)というウイルスの持続感染が原因で引き起こされます。
HPVには100種類以上もの型がありますが、全ての型が子宮頸がんの原因になるわけではありません。 子宮頸がんの発生に関与するHPVは14種類であるとされ、高リスク型と呼ばれています。 このほかに良性病変である尖圭コンジローマは、2種類の HPVによって引き起こされます。

患者数は増加傾向にあります

日本では子宮頸がんに年間約1万人がかかり、約2,800人が亡くなっており、患者数、死亡者数ともに近年増加傾向にあります。

特に20〜30代の若い世代で増加しており、妊娠前や妊娠中に子宮の手術をすることになったり、残念ではありますが亡くなる方もいます。 そこで、厚生労働省は2004年から、子宮頸がん検診の対象年齢を従来の「30歳以上」から「20歳以上」に引き下げました。

HPVに感染すると……

HPVは性交渉により感染します。
女性の生涯で50〜80%が感染するといわれており、感染が珍しいわけではありません。 感染しても多くの場合、その人の免疫力によってウイルスが体内から排除されますが、10人に1人くらいはウイルスが排除されずに感染が長期化(持続感染)することがあります。 この場合、ごく一部の人では長い年月(ウイルス感染から平均で数年~10年以上)をかけ、前がん状態(異形成と呼ばれる)から子宮頸がんへと進行することがあります。

つまり、子宮頸がんとは多くの方が感染するHPVの感染が消失せずに長期化したときに、ごくまれに起こる病気なのです。

子宮がん検診

当院の検査方法

当院ではLBC(Liquid Based Cytology)法/で子宮がん検診を行っております。 LBC法では細胞の採取に専用ブラシを用います。

採取された細胞を無駄にすることなく診断に必要な細胞をスライドガラスに塗抹でき、細胞採取やスライドガラスへの塗り方のばらつきもなくなりますので、再検査がほとんどなくなることによって、女性の体への負担や精神的不安を軽減することが期待されます。 また、HPV(ヒトパピローマウイルス)検査もLBC法で採取された細胞の残りを用いて行えるので、患者さんへの負担が少なく大変便利です。

内診室の写真

柏市子宮頸がん検診

当院は、柏市乳がん検診・子宮頸がん検診の個別検診指定医療機関です。 柏市がん検診を登録すると、20歳から2年に1回検診が受けられます。

※ 自覚症状がない方が対象です。

詳しくは 柏市ホームページ をご確認ください。
お問合せ先:柏市保健所 健康増進課 04-7168-3715

予約方法

WEB予約ができます。
「診察」→「婦人科初診」もしくは「婦人科診察」を選択してください。
※ 柏市子宮頸がん検診の場合は「診察」→「検診」→「柏市子宮頸がん検診」でご予約下さい。

対象 20歳以上女性
内容 子宮頸部細胞診
費用 2,300円
時期 6月~2月

乳がん検診

子宮がん検診と同日に受けることもできます。お電話にてご予約ください。

くぼのやセット(乳がん検診・子宮頸がん検診のセット)
内容 子宮頸部細胞診・マンモグラフィ・乳房超音波検査
費用 15,400円

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)

子宮頸がんワクチンはHPVの感染を予防するものであり、すでに感染しているHPVを治療する効果はありません。
そのため、性交渉を行う前に接種することが最も効果的です。

 サーバリックス
(2価)
ガーダシル
(4価)
シルガード9
(9価)
予防可能な
HPVの型と割合
高リスク型:16、18高リスク型:16、18
低リスク型:6、11
高リスク型:16、18、31、33、45、52、58
低リスク型:6、11
約60~70%約60~70%約90%以上
接種回数3回3回3回
2回目以降の
接種間隔
2回目:初回から1カ月後
3回目:初回から6カ月後
2回目:初回から2カ月後
3回目:初回から6カ月後
2回目:初回から2カ月後
3回目:初回から6カ月後
接種対象者10歳以上の女性9歳以上の男女9歳以上の女性
公費助成対象者(小学6年生〜高校1年生相当の女子)のみ
公費助成を受けられる
任意接種
料金18,337円/回 30,000円/回
予約方法WEB予約
「診察」→「婦人科診察」
希望接種日の10日前までにお電話にてご予約ください。

接種日までに「ワクチンQダイアリー」
登録~予診票情報の入力まで済ませておいてください。
事前登録ができなかった場合は、ご来院時に受付へお申し出ください。

ご登録方法の詳細はこちら
ワクチンの詳細についてはこちらをお読みください。

※高リスク型:子宮頸がんの原因となるウイルス、低リスク型:尖圭コンジローマの原因となるウイルス
※当院ではガーダシルとシルガード9を扱っています。

ご確認ください

  • 予防接種の効果を十分に得るために必ず同じ種類のワクチンを3回接種してください。接種途中から他のワクチンへの変更はできません。
  • 初回および2回目までの接種を他の医療機関で行った方も接種可能です。ご希望の方は接種記録を必ずお持ちください。
  • ワクチンを接種しても全ての高リスク(発がん性)HPVを予防できるわけではないため、ワクチン接種後も20歳を過ぎたら定期的にがん検診を受けましょう。
  • 未成年の方が接種する場合は保護者の方と一緒にご来院ください。

日本産婦人科学科HPもご参照下さい。