診療時間:8:30 - 17:00 
休診日:火曜午後・日祝

診療受付時間
8:30 - 11:30
13:30 - 15:30
採用情報

遺伝カウンセリング外来・NIPT外来 heredity

遺伝カウンセリング外来・NIPT外来

遺伝カウンセリング外来

遺伝カウンセリング外来では、遺伝や先天異常に関する心配や不安などがあり、詳しい相談をされたい方に臨床遺伝専門医が対応いたします。 充分な時間をとりながら、対話を通して問題解決への糸口を一緒に見つけていきます。
妊娠・分娩に関連した事柄に限らず、以下の例に示すような幅広い内容でご相談をお受けいたします。
完全予約制で、プライバシーを配慮した完全個室の環境で応対いたします。
カウンセリングに際しては徹底した個人情報管理のもとで対応いたしますので、安心してご相談にお越しください。

日時・場所

日時 ご相談ください
費用 11,000円(税込)
ご注意事項

※出生前診断として母体血清マーカー検査や羊水検査を希望する場合は、別途費用がかかります
※ご家族(ご主人、バートナー、ご両親、兄弟姉妹など)同伴での受診も可能です
※男性へのご相談も受け付けております

予約方法

WEB予約では予約ができません。

受付スタッフに直接お申し出いただくか、お電話にてご予約ください。水曜日以外の受診を希望される場合は別途ご相談ください。

相談事例

今回の妊娠についての相談

  • 高年妊娠(一般には35歳以上での妊娠・出産をいいます)ですが、妊娠・出産・生まれてくる赤ちゃんにどういった影響があるのでしょうか?
  • 超音波検査で「胎児のくびの後ろにむくみ(NT)があり、染色体異常の可能性がある」と言われ心配しています。
  • 母体血清マーカー検査(クアトロテストなど)で染色体異常児の生まれる可能性を指摘され、どう対応したらよいか困っています。
  • 出生前診断 (母体血清マーカー検査、コンバインドテスト、絨毛検査、羊水検査、新型出生前遺伝学的検査 (NIPT)など)についてより詳しく知りたい、話を聞いてみたい。
  • 高年妊娠ではないのですが、出生前検査は受けなくてよいのでしょうか? 
  • 現在、どのくらいの妊婦さんが出生前検査を受けているのでしょうか?
  • 以前に遺伝性(と思われる)の病気や先天異常(奇形、発育・発達障害、染色体異常など)をもった赤ちゃんを生んだことがあるのですが、胎児が同じ病気となっている可能性はありますか?
  • 自分または血縁者が遺伝性の病気や先天異常をもっていますが、胎児が同じ病気となっている可能性はあるのでしょうか? 今回の妊娠中に可能な検査はありますか?
  • 家系内に遺伝性の病気や先天異常をもった児を生んだ方がいるのですが、胎児が同じ病気となっている可能性はありますか? 今回の妊娠中に可能な検査はありますか?
  • 不妊治療(人工授精、排卵誘発、体外受精、顕微授精など)によって妊娠したのですが、治療による胎児への影響はありますか?
  • 妊娠中に検診で胃透視や注腸検査、CTなどのレントゲン検査を受けてしまいました。胎児への影響はありますか?

今後の妊娠についての相談

  • 以前に遺伝性(と思われる)の病気や先天異常(奇形、発育・発達障害、染色体異常など)をもった子供を生んだことがあるのですが、次の子供が同じ病気になる可能性はあるのでしょうか? 妊娠前におこなっておく検査などはありますか?
  • 自分または血縁者が遺伝性の病気や先天異常をもっています。子供が同じ病気になる可能性はあるのでしょうか? 妊娠前に必要な検査はありますか?
  • 染色体異常が原因で流産したことがあります。自分や配偶者の染色体に異常があるのでしょうか? 流産の原因は自分にあったのでしょうか? 次の妊娠にあたりアドバイスがほしい。
  • 不育症の染色体検査において、自分(または配偶者)の染色体に変化があると言われました。次の妊娠をどうしたらよいか悩んでいます。元気な子供を産めますか?

自分や家族についての相談

  • 近親婚(いとこ結婚など)で悩んでいる。
  • 不育症の染色体検査において、自分の染色体に変化があると言われました。家族(配偶者、兄弟姉妹、パートナー)にどう伝えたらよいのでしょうか?
  • 血縁者に遺伝性(と思われる)の病気や先天異常をもった人がいます。自分はその病気にかかっている可能性はありますか? 結婚相手やその家族にはどう話したらよいのでしょうか? 妊娠は可能でしょうか? 子供への影響はありますか?
  • 家系内に若年乳がん(特に34歳以下で発症)、卵巣がん患者がいて、自分も将来発症するのではないかと心配しています。
  • 遺伝性のがん(家族性腫瘍)について詳しい話を聞いてみたい。
  • 遺伝病や先天異常についてもっと詳しい情報がほしい。他施設の専門医からのセカンドオピニオンを受けたい。

NIPT外来

NIPTは妊娠10週~17週に採血をおこない、胎児がトリソミー13、トリソミー18、トリソミ ー21(ダウン症)である可能性を調べる検査です。
(性別の診断はしておりません。)
検査前後にNIPT外来を受診していただきます。赤ちゃんについてのご不安や、心配に思うことをどのように対応していくことが、ご家族にとって良いか、お話をお伺いし、一緒に考えていきます。
当院は、日本医学会の出生前検査認証制度等運営委員会から「NIPTを実施する医療機関(連携施設) に認証されており、東京女子医科大学八千代医療センター(基幹施設)と連携 しています。
同運営委員会で示された指針に沿った出生前検査を実施いたします。

NIPTの対象となる疾患

トリソミー13、トリソミー18、トリソミー21(ダウン症)の3つの疾患です。
性別の診断はしておりません。

対象となる方

分娩予定日が確定した後~妊娠17週
当院で出産予定の妊婦さん※帰省分娩予定の妊婦さんや検査のみを希望とする妊婦さまは当院では検査はできません

NIPT外来・検査の流れ

  1. 分娩予定日が確定した後、妊娠17週までに、妊婦健診時に外来担当医にNIPT外来受診を希望することをお伝えください。
  2. 担当医がNIPT外来の予約手続きをします。
    ※妊婦さんから直接NIPT外来の予約を取ることはできません。
    ※ご出産後まで責任をもって対応管理させていただくため、当院で分娩を予定される妊婦さまを対象としております。
  3. 外来受診
    原則パートナーの方とご一緒に受診いただきます。
    検査についてご説明し、希望される場合は、同意書にサインいただき、採血検査を実施します。
  4. 結果説明
    約2週間後に結果がでますのでNIPT外来を受診してください。
日時 月・水・金・土曜日
費用
  • NIPT外来 11,000円(税込)
  • NIPT検査+結果説明 143,000円(税込)