診療時間:8:30 - 17:00 
休診日:火曜午後・日祝

診療受付時間
8:30 - 11:30
13:30 - 15:30
採用情報

手術療法(婦人科) gynecological-surgery

手術療法(婦人科)

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術は通常の開腹手術と比較して小さな傷で病変を観察し治療する手術です。
下腹部に5~12mmの小さな切開を3~4か所あけ、炭酸ガスをお腹の中に充満させて手術を行います。おへそにあけた小さな傷から、お腹の中を観察する細い内視鏡カメラ(腹腔鏡)を入れ、モニターを見ながら鉗子という専用の器具を用いて手術を行います。
傷が小さく身体への負担が少ないため、入院期間が短く、早期に日常生活への復帰が可能な手術であり、近年急速に普及しています。


当院は日本産科婦人科内視鏡学会による認定研修施設です。同学会による内視鏡技術認定医が常勤しています。当院で腹腔鏡下手術が可能かどうかは当院の内視鏡技術認定医が適切に判断致します。

子宮鏡下手術

子宮鏡下手術は、子宮の入り口から子宮内を観察する細い内視鏡カメラ(子宮鏡)を挿入して、モニターを見ながら行う手術です。子宮内の病変を子宮鏡の先端にある電気メスにより切開・切除します。
開腹手術や腹腔鏡下手術とは違ってお腹を切る必要がないため、非常に身体への負担が少ない手術です。

ただし、子宮鏡下手術は病変の位置や大きさにより手術ができない場合もありますので、子宮鏡下手術が可能かどうかの判断は手術の担当医とご相談ください。

開腹手術

腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術が適応とならない患者さんに対しては、開腹手術を行います。開腹手術には下腹部を横に切開する方法と、下腹部の真ん中を縦に切開する方法があります。横切開、縦切開は疾患や摘出物の大きさにより決定されます。

開腹手術かどうかの選択や下腹部の切開方法の選択は、術前の内診所見や画像所見などの結果により判断致しますので、手術の担当医とご相談ください。 当院の開腹手術では婦人科腫瘍専門医の立ち会いのもと行われています。

腟式手術

子宮頸部異形成に対する子宮頸部円錐切除術や筋腫分娩切除術に対して行います。これらは開腹手術や腹腔鏡下手術とは違ってお腹を切る必要がないため、非常に身体への負担が少ない手術です。

退院予定日・早期回復への取り組み

術式ごとの退院予定日

術式 病名 退院予定日
腹腔鏡下手術 子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症などの
良性の病気
術後3日目
子宮鏡下手術 子宮筋腫(粘膜下筋腫)、子宮内膜ポリープ 日帰り~術後1日目
開腹手術 上記2つの手術が適応でない場合 術後4日目
腟式手術 子宮頸部異形成、筋腫分娩 日帰り~術後1日目

ほとんどの手術は入院当日に行います。麻酔は日本麻酔科学会麻酔科指導医が担当致します。
くぼのやIVFクリニック などの不妊症専門施設と連携し、妊娠を希望される患者さんに対しても腹腔鏡下手術の相談に応じています。

術後の早期回復のために

当院では、産婦人科医、麻酔科医、病棟看護師、手術室看護師、薬剤師、管理栄養士などの多職種の連携によって、ERAS(Enhanced Recovery After Surgery 術後早期回復プログラム)プロトコールを採用しております。
術前と同様の身体のバランスを、術中、術後と維持することに努めることにより、患者さんの早期回復をお手伝いいたします。

  • 手術の2時間前まで飲水可能ですので、術前の点滴は行いません
  • 術前に下剤内服や浣腸は行いません
  • 術後早期に飲水、食事や歩行を開始します
  • 術後の痛みや吐き気を抑える対応をします

入院のご案内