診療時間:8:30 - 17:00 
休診日:火曜午後・日祝

診療受付時間
8:30 - 11:30
13:30 - 15:30
採用情報

一般外来(婦人科) gynecology-general

一般外来(婦人科)

診療内容

子宮筋腫

子宮筋腫とは子宮を構成している平滑筋に発生する良性腫瘍で、月経のある女性の20〜30%にみられ、特に症状もなく健康診断やがん検診で偶然発見されることも多くあります。不妊症や流産・早産の原因になることもあります。

症状

  • 不正性器出血(月経以外で出血すること)
  • 月経困難症(強い月経痛)
  • 過多月経(月経の出血量が多く血の塊などが出る)
  • 過長月経(月経が長期間続くこと)
  • 貧血、頻尿、腰痛、便秘 など

※症状の強さは子宮筋腫のある部位、大きさや個数などによって異なります。

治療法

対症療法

出血に対して止血剤、貧血に対して鉄剤、腰痛や月経痛に対して鎮痛剤を投与します。

閉経療法

GnRHアゴニストやアンタゴニストといわれる薬剤を使用して閉経状態にすることにより子宮筋腫を治療する方法です。治療中は無月経となるため貧血などの症状は改善しますが、卵巣機能が抑制されるため更年期の様な症状がみられることがあります。骨密度低下などの副作用により長期間使用することができないため、閉経が近い場合や手術前の前治療として一時的に投与される場合が多い治療法です。

手術療法
子宮全摘出術

今後の妊娠を希望しない方が対象になります。子宮を摘出しますので、子宮筋腫の再発を心配する必要がなく、子宮頸がんや子宮体がんになることもありません。また、卵巣は摘出しませんので女性ホルモンは減少せず更年期症状を来すこともありません。

子宮筋腫核出術

今後の妊娠を希望している方や、子宮を残す希望が強い方が対象になります。子宮から子宮筋腫だけを取り除き正常な子宮筋層を残す手術です。手術の際に出血が増えたり術後に癒着を起こすリスクが比較的高く、子宮筋腫が再発し再手術が必要になる可能性もあります。

子宮鏡下子宮筋腫核出術

子宮の内側に突出した粘膜下筋腫が対象となります。お腹を切らないため最も身体への負担が少ない手術です。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内膜が何らかの原因で子宮の内側以外の場所で発生し発育する病気です。20代〜40代の女性に発症することが多いですが、近年では10代の患者さんも多くみられます。
子宮内膜症は様々な治療を行っても将来的に再発する可能性が高いこと、卵巣に子宮内膜症による嚢胞がある場合は稀ではありますが、がん化する可能性があることから、長期にわたる定期的な検診が重要です。

症状

  • 強い月経痛
  • 不妊症
  • 腰痛、排便痛、性交痛、慢性骨盤痛 など

治療法

対症療法

月経痛などの痛みに対して鎮痛剤を使用しますが、子宮内膜症自体の悪化を防ぐことはできません。

低用量ピル
LEP(Low does Estrogen Progestin)

鎮痛剤でも痛みが取れない場合や、月経以外でも痛みの症状がある場合などでは、低用量ピル(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)を用います。排卵を抑制し子宮内膜の増殖を抑えることにより痛みなどの子宮内膜症の症状が改善します。
深部静脈血栓症などの副作用が稀に生じることがありますので、40歳以上の方、喫煙者、高血圧症の方などは注意が必要です。

黄体ホルモン(ジエノゲスト)療法

女性ホルモンの分泌を抑えることで卵巣機能を抑制して子宮内膜の増殖を抑えます。
また、子宮内膜組織に直接作用することで、病巣組織の増殖をおさえます。副作用として不正性器出血を認めることがありますが、多くは内服を続けることでその頻度と期間は少しずつ減少していきます。

ミレーナ療法

ミレーナ(IUS:レボノルゲストレル放出子宮内システム)療法とは、子宮内に黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を持続的に放出するT字型のリングを留置する治療法です。
子宮内膜症による月経痛などに対して効果がありますが、ミレーナの子宮内膜を菲薄化する作用により避妊や月経血減少などにも効果が期待できます。
また、一度子宮内にミレーナを留置すると最大5年間効果が持続します。

手術療法

上記薬物療法で症状が改善しない場合や、子宮内膜症による卵巣嚢胞のサイズが大きい場合などは手術療法を行います。
手術後に薬物療法を行うと子宮内膜症が再発する可能性が低くなる言われていますので、すぐに妊娠を希望されない場合には、薬物療法を行い再発を予防することをおすすめ致します。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

PCOSは排卵障害を起こす病気の一つで、妊娠可能年齢の女性のうち5〜8%にみられ、月経異常や不妊症の原因になります。特徴として、排卵することができない卵胞が卵巣内にとどまるため、超音波検査を行うと卵巣内に小さな嚢胞が多く見られます。

PCOSを長期間治療せずに放置すると、子宮内膜増殖症、子宮体がん、メタボリックシンドロームなどのリスクが高くなると言われています。

症状

  • 排卵障害による無月経、月経不順、不正性器出血
  • 不妊症
  • 男性ホルモンの影響によるにきびや多毛
  • インスリン抵抗性による肥満、血糖値上昇

治療法

減量および運動療法

肥満(BMI:25 kg/㎡以上)の方は、最初に減量や運動療法を行います。

女性ホルモン療法

月経異常を放置すると子宮内膜増殖症や子宮体がんになるリスクが高くなると言われていますので、妊娠を希望されない方は低用量ピル等の女性ホルモンを内服して定期的な月経を起こすことをおすすめ致します。

排卵誘発剤

妊娠を希望される方には経口薬や注射薬を用いた排卵誘発を行います。 なお、排卵誘発剤を希望の方は、くぼのやIVFクリニックへご紹介させていただいております。
また、日本では保険承認されていませんが、海外では糖尿病治療薬であるメトフォルミンを併用することもあります。

手術療法

腹腔鏡下で卵巣表面に多数の穴をあけ排卵しやすくする手術を行います(腹腔鏡下卵巣開孔術)。この手術を行うと自然に排卵したり、経口排卵誘発剤に対する反応性が改善したりすることにより妊娠の可能性が高まります。

栄養療法

PCOSに対して当院では管理栄養士による栄養指導や、インスリン抵抗性のもととなる血糖調節障害に対する治療も行っております。

性感染症


クラミジア感染症

クラミジアは非常に多くみられる性感染症であり、若年女性の15〜25%、妊婦の5〜8%が感染しているといわれています。クラミジアは性行為により子宮頸管部に感染して子宮頸管炎を起こし、その後さらに感染がひろがると子宮内膜炎、卵管炎を引き起こし、さらに重症化すると骨盤腹膜炎、肝周囲炎を来すようになります。

診断は内診にて子宮頸部を擦って行います。クラミジアに感染した場合、その約10%の方は淋菌にも感染していることが知られているため、クラミジアと淋菌は同時に検査を行うことが大切です。クラミジア感染症の注意すべき点は、卵管炎や骨盤腹膜炎などを治療せずに放置すると、卵管がつまったり癒着したりすることにより、将来の異所性妊娠(子宮外妊娠)や不妊症の原因になってしまうことです。下記症状がある方やパートナーが新しく変わった方は、積極的にクラミジアおよび淋菌の検査を受けることをおすすめ致します。

症状

クラミジアに感染した女性の90%以上は症状がありませんが、おりもの異常、下腹部痛、右上腹部痛、性交時の出血などの症状がみられることもあります。また、最近は咽頭にクラミジアが感染することも知られており、喉に違和感などがある方は咽頭の検査も同時に行うことをおすすめ致します。

治療法

抗菌薬の内服や点滴で治療を行います。必ず治療から3週間以上経過してから治療の効果判定を行い、クラミジア検査が陰性化したことを確認して下さい。
治療において大切なことは、パートナーも同時に治療を行わなければ高頻度で再感染してしまうということです。患者さんとパートナーがともに治療を行い検査が陰性化するまでは性交渉を行わないことが大切です。


性器ヘルペス感染症

性器ヘルペスは単純ヘルペスウィルスの感染により発症します。単純ヘルペスウイルスは性行為により性器の粘膜や皮膚から感染すると、神経を伝って体の奥深くの神経節にまで侵入しそこで潜伏感染します。潜伏感染したウィルスは、免疫力の低下などにより再活性化され皮膚や粘膜に水疱や潰瘍などの病変を形成します。

症状

38℃以上の発熱や倦怠感などを来します。外陰部には水疱や潰瘍を形成して強い痛みを来すため、排尿困難や歩行困難を来すことがあります。また鼠径部(足の付根)のリンパ節が腫れて痛みが生じたり、強い頭痛を来すこともあります。

治療法

抗ウィルス薬の内服や点滴で治療を行いますが、治療を行っても原因のウィルスを完全に死滅させることができないため、再発を繰り返す場合があります。頻繁に再発を繰り返す場合や再発時の症状が重い場合には、1年間内服を継続することもあります。


外陰尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマはHPV(ヒトパピローマウィルス)6型または11型の感染により発症し、10代後半から30代の若い女性に多く、ウイルスが感染してから尖圭コンジローマが確認できるまでに3週間から8か月(平均2.8か月)くらいかかるといわれています。尖圭コンジローマを発症した方は、子宮頸がんの原因となるハイリスクHPVに感染していることも多いため、子宮頸がん検診を行うことも大切です。

症状

大陰唇、小陰唇、腟、腟前庭、子宮頸部、肛門周囲、尿道口などに発生し、乳頭状、ニワトリのトサカ状などと表現されるイボができます。ほとんどの場合、痛みやかゆみなどはありません。イボができて初めて感染に気づくことがほとんどです。

治療法

治療法は軟膏を塗る方法、外科的に切除する方法や電気メス、レーザーによる焼灼法、液体窒素による凍結療法などがあります。3ヵ月以内に約25%が再発すると言われており、治療後3か月間のフォロ−アップが大切です。


カンジダ外陰腟炎

カンジダ菌は消化管、皮膚などの常在菌であり、直腸から肛門、会陰を介して外陰や腟に移行すると言われています。 代表的な誘因としては抗菌薬の内服が最も多く、その他に妊娠、糖尿病、ストレスなどによる免疫力の低下、化学療法などがあげられますが、原因不明なことも多くあります。

症状

通常は症状がありませんが、様々な要因により菌が増殖すると、外陰部が痛痒くなったり、カッテージチーズ様、酒粕様と表現される白黄色のおりものがみられます。

治療法

腟内を洗浄してカンジダ菌を排除した後に抗真菌薬の腟錠を挿入し、痛痒い部位には1日に2−3回クリームや軟膏を使用します。通常は1週間程度で症状が改善しますが、治療後1週間経過しても症状がある場合は追加治療を検討しますのでご相談下さい。

更年期障害

更年期とは、一般的には閉経前後の45歳から55歳までの約10年間のことをいいます。この時期は卵巣機能が次第に低下して卵巣から分泌される女性ホルモンが低下し、さらには社会的、環境的因子が複雑に絡み合って更年期障害の症状がでると言われています。

症状

・顔のほてり・のぼせ・動悸・息切れ・不眠・イライラ・抑うつ感・頭痛・めまい・肩こり

治療法

漢方療法、栄養療法、食事療法、運動療法

ホルモン補充療法

女性ホルモンであるエストロゲンの投与が行われます。ほてりや発汗などのホットフラッシュと呼ばれる症状に特に効果的ですが、その他にも骨密度の低下予防、腟乾燥感、頻尿、睡眠障害、関節痛などにも効果が期待できます。

漢方療法

漢方療法はホルモン補充療法に抵抗のある方、合併症のある方、乳がんなどの既往歴のある方に投与されます。また、ホルモン補充療法を行ってもなかなか改善しない症状に対して補助的な目的で投与されることもあります。

低用量ピル OC(Oral Contraceptives)

低用量ピルは避妊を目的として内服する薬であり、正しく服用すれば避妊効果は99%以上と言われています。低用量ピルには避妊以外にも以下のような利点がありますので、現在妊娠を望んでいない方は日頃から継続的に低用量ピルを内服することをおすすめします。

  • 月経が規則的になります
  • 月経痛やPMS(月経前症候群)が軽くなり、月経時の出血量が減ります
  • 卵巣がん、子宮体がん、大腸がんなどの発生率が減少すると言われています
  • 肌荒れやニキビなどの症状が軽くなります
費用 初診料:6,600円
お薬:2,500円〜2,750円
※自費診療となります。

緊急避妊ピル

緊急避妊ピルとは、避妊ができなかった場合や避妊はしたけれども失敗してしまった場合に、望まない妊娠を回避するために内服するピルのことです。緊急避妊ピルを内服して、避妊が成功する可能性は80~85%程度ですので、緊急避妊ピル内服後3週間経過しても月経が来ない場合はご相談ください。
緊急避妊ピルはできるだけ早く内服することで避妊の可能性が高まりますので、性交渉後は早めに受診してください。また、緊急避妊ピルを内服した後の性交渉には避妊効果はありませんので、内服後は月経が来るまで性交渉をしないように注意してください。

緊急避妊ピルはあくまでも緊急での避妊法であり、避妊が成功する可能性は決して高くありません。一般的な避妊用の低用量ピルは避妊の可能性が99%以上であり、現在妊娠を望んでいない方は継続的に低用量ピルを内服することをおすすめ致します。

費用 ノルレボ(レボノルゲストレル)法:15,279円
※自費診療となります。

月経移動

旅行、受験、結婚式、スポーツなどの行事と月経が重なってしまうような場合、ピルを内服することで月経を移動させることができます。月経の移動は、ピルの内服開始日をいつにするかによって、月経を行事の前に移動したり後に移動したりすることができます。

費用 金額は内服日数によって変わります。
※自費診療となります。