子宮頸がんワクチン(一般)

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

1.子宮頸がんは、子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんで20歳から30歳代で急増し、日本では年間約8,500人の女性が発症しています。

2.子宮頸がんの主な原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染です。
HPVには、100種類以上のタイプがあり、このうち15種類が子宮頸がんの原因になる発がん性HPVとされています。HPVは性交渉により感染しますが、特別な人だけが感染するのではなく、性交渉の経験がある場合、多くの女性が一生のうちに一度は感染するごくありふれたウイルスです。感染しても多くの場合、感染は一時的でウイルスは自然に排除されますが、感染した状態が長い間続くと子宮頸がんを発症することがあります。子宮頸がん予防ワクチンの効果ヒトパピローマウィルスには多くの種類がありますが、予防接種を行うことで、子宮頸がんの原因の60〜70パーセントを占めている2種類の発がん性ウイルス(HPV16型・18型)の感染を予防できます。また「ガーダシル」は、がん性ウイルスに加え、尖圭コンジローマ(性器にできるいぼ)の原因となるウイルス(HPV6型・11型)の感染を予防できます。発がん性ウィルスに感染する可能性が低い、10代前半に子宮頸がん予防ワクチン(HPV)を接種することにより、効果的に予防することができます。
ただし、ワクチンを接種しても全ての発がん性HPVを予防できるわけではないため、ワクチン接種後も20歳を過ぎたら定期的にがん検診を受けましょう。

接種方法「サーバリックス」

図:サーバリックスの接種間隔

1回目から1カ月後に2回目を接種
1回目から6カ月後に3回目を接種
柏市公費負担で接種する方は、3回目を平成30年3月31日までに接種出来るように計画的に受けてください。 予防接種の効果を十分に得るために、必ず3回接種してください。


接種方法「ガーダシル」

図:ガーダシルの接種間隔

1回目から2カ月後に2回目を接種
1回目から6カ月後に3回目を接種
柏市公費負担で接種する方は、3回目を平成30年3月31日までに接種出来るように計画的に受けてください。 予防接種の効果を十分に得るために、必ず3回接種してください。


「サーバリックス」と「ガーダシル」ワクチンは、国の助成対象となります。
詳しくはこちら をご覧ください。