子宮がん検診について

子宮頸がんが発がんするまでには数年から十数年を要します。
子宮頸がん検診を受けていれば、がんになる前に発見されて治療することができます。近年は若年化の傾向があり、20〜30代女性のかかるがんの中では、子宮頸がんが乳がんや卵巣がんよりより多く、第1位になっています。

写真:子宮がん検診について

早期発見により効果的な治療を受けることができる、子宮を温存できる、他の疾患の治療につながる等のメリットもあります。何の症状がなくても、気軽に20代からの定期検診をお奨めします。

検診方法は、市町村のがん検診に申し込む、婦人科外来で定期診察を受ける、人間ドックで検査する等があります。
柏市の子宮がん検診は20歳から申込み可能です。
(当院にも登録用専用ハガキがございます)
詳しくは こちら もご覧ください。