風しんワクチン

風しんとは風疹ウイルスによっておこる「発熱、発疹、リンパ節腫脹」を特徴とする感染症です。感染力が強く、風しんウイルスを含んだ飛まつ(咳やくしゃみ、会話、発語などで飛び散るしぶき)を吸い込んで感染します。

妊婦、とくに妊娠初期の女性が風しんにかかると赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

発症予防には風しんワクチンの接種が有効ですが、妊娠中の女性は風しんワクチンを受けられません。風しんの免疫が十分でない妊婦の方(風しん抗体検査の結果、風しん抗体陰性又は低抗体価と判定された方)は、流行地域においては、可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。また、ご家族の方は、妊婦さんへの感染を避けるため、予防接種を受けることをご検討のうえ、風しんを発症しないように予防に努めてください。

風しんの免疫が十分でない妊婦の方は、産後の予防接種をおすすめしております。 授乳中の方でも接種可能です。予防接種後は2ヶ月の避妊が必要です。

接種対象者

妊婦健診時の風しん抗体検査で、風しん抗体陰性又は低抗体価と判定された方のうち、当院で出産された方

接種時期

出産入院中または産後1ヶ月健診時

料金

6000円

柏市に住民票がある方で、妊婦健診時の風しん抗体検査の結果、風しん抗体陰性又は低抗体価と判定された方は、予防接種費用の助成を受けることができます。申請方法の詳細については、柏市ホームページをご覧ください。

柏市ホームページ:平成29年度風しん予防接種費用助成について