分娩について

お産の入院のタイミングは?

初産婦さんは陣痛が10分おき、1時間に6回くらいの陣痛になったらお電話でご連絡ください。
経産婦さんは15〜20分の不規則な陣痛が目安です。

陣痛が無くて破水した場合(前期破水)は羊水が流れてきますので、ナプキンをあてていらしてください。おしるしや少量の 出血のときは、陣痛や破水がなければしばらく様子をみても結構です。血の塊や流血があるときはご連絡ください。

お電話いただく際は、お名前、診察券(ID)番号、妊娠週数、予定日、経産か初産か、陣痛開始の時間と間隔、骨盤位、前回帝切などをお知らせください。

入院後、分娩の前には

問診や内診後、胎児心拍モニターをつけ、陣痛の様子や赤ちゃんの健康状態、お産の進み具合をチェックします。 剃毛や浣腸、導尿は場合により行います。血管確保(点滴の準備)は緊急時に対応するため多くの方に行います。

分娩について

陣痛室やLDRには寄りかかるための大きなバランスボールや抱き枕、アクティブチェアーがあります。 テニスボールなどのグッズもご用意していますので、いろいろと楽な姿勢をとり、肩の力を抜いてリラックスしながら過ごしましょう。

お産の時の姿勢は McRobert(マックロバート)の体位を推奨しています。
両足を抱えて四股を踏むような姿勢をとると、赤ちゃんが産道を降りやすくなります。
お産は確かに楽ではありませんが、自分の産む力・赤ちゃんの生まれる力を信じて一緒に頑張りましょう。
女性にとって貴重な素晴らしい体験が、より満足できるものとなるようスタッフ一同サポートさせていただきます。